VirtualBoxにMeeGoをインストール

MeeGoってどんなものか知るために、VirtualBoxで動作させてみました。

VirtualBoxで動かすためには、いろいろ手順が必要なようで、

http://wiki.meego.com/MeeGo_1.0_Netbook_VirtualBox を参考にして対応しました。

1. イメージのダウンロード

MeeGoのサイトからMeeGo 1.0 for NetBook 日本語版のイメージをダウンロードします。

http://meego.jp/downloads/index.html

ダウンロードしたら、拡張子をimgからisoに変更します。

2. VirtualBox 仮想マシン作成

仮想マシンの新規作成

OS:Linux バージョン:Fedora を選択します。
新規仮想マシンの作成
新規ハードディスクを作成します。今回は、8G可変サイズのストレージを作成しました。

システム-プロセッサで、「PAE/NXを有効化」にチェックを入れておきます。

ストレージIDEコントローラにダウンロードした、MeeGoのISOイメージを設定します。

3.MeeGoのインストール

仮想マシンの電源をオンして、起動します。 grubの画面が表示されるので、「Boot and Install」選択しEnterキーを押下します。

MeeGoのインストール画面が表示されるので、インストールします。 基本的に、「日本語」を選んだあと、「次へ」をひたすらクリックするだけです。 インストールが完了したら、「閉じる」をクリックして再起動します。

[Boot from local drive]を選択したが、BOOT FAILUREとなった・・・

CDドライブから、ISOイメージを外して再起動してみると起動したが固まってしまいました。

リセットしてすぐgrubを止め、Tabし下記のように変更してシングルユーザーモードで起動してみます。

vmlinuz-2.6.33.3-11.1-netbook ro root=/dev/sda2 quiet vga=current
vmlinuz-2.6.33.3-11.1-netbook ro root=/dev/sda2 vga=current s

シングルモードで起動したので、yumで最新の状態にしてrebootしてみました。

$ yum update -y
$ reboot

reboot して、しばらく待っていると「ようこそ」の画面が起動。

キーボード、タイムゾーンなどを設定して、進んでいくと、 途中で、止まってしまいました。しばらく待っても反応がないので、 仮想マシンをリセットして、再起動しました。ネット検索していると、libglxの置き換えが必要なことがわかりました。

4.libglx.soの置き換え

再度、シングルユーザーモードで起動します。

http://wiki.meego.com/MeeGo_1.0_Netbook_VirtualBox を参考にしてlibglx.soを置き換えます。

libglx.soの置き換えのみで、MeeGoの画面が表示されました。

$ yum install wget
$ wget http://wiki.meego.com/images/Libglx.so.gz
$ gunzip Libglx.so.gz
$ cp Libglx.so /usr/lib/xorg/modules/extensions/libglx.so
$ chmod 755 /usr/lib/xorg/modules/extensions/libglx.so
$ chmod +s /usr/bin/Xorg

再起動すると、MeeGoの画面が表示されました。

 

コメント 停止中